メンテナンスの重要性

リフォーム1

リフォームをする機会があるのはどんな時でしょうか。ある程度お金がある家は住環境を少し変えたいという理由でリフォームするというのもアリです。ですが、普通は家の劣化が始まったらリフォームを検討するはずです。家の劣化をそのまま放置しておくと面倒なことになります。 この国の場合高温多湿の気候なので木造建築の場合は法定耐用年数は30年と言われています。同じ木造でありながら諸外国によっては耐用年数が100年のところもあります。 この国の場合メンテナンスをすることでさらに50年、100年と耐用年数を伸ばすことが可能になるのです。つまり定期的にリフォームをしておけば自分と自分の子供の代、そして孫の代までは持つような作りなのです。

リフォームには様々な種類があります。リフォームする場合柱を残して全面リフォームする場合もあれば、もう少し狭い範囲で、例えばフローリングだけリフォームすることもあります。 ですが、同時に2か所をリフォームすることで総額で数十万円安くなることがあります。 例えば屋根と外壁塗装を同時に行うというものです。なぜかと言えば、どちらも足場を設置するからです。足場の設置には2,3日かかることがありますし、取り外しにも1日かかります。それゆえ、足場のレンタルも1回に付き20万円前後する場合も普通にあり得るのです。ですが、屋根と外壁を同時に工事すれば足場を一回だけ設置すればよいことになりその1回分の金額が安くなるのです。